絶対に失敗したくないアンテナ修理!アンテナ修理の基本やコツを詳しく解説

当サイトは絶対に失敗したくないアンテナ修理に関する情報をご紹介しています。
アンテナの修理の基本やコツなどを詳しく解説していますので、これから修理をする必要がある場合にはぜひ参考にしてみてください。
また優良なアンテナの修理業者の選び方も解説していて、どの業者を選べば良いか分からないときに役立つ可能性があります。
それからアンテナの修理でよくあるトラブルにも触れているので、スムーズに直すための参考になるかも知れません。

絶対に失敗したくないアンテナ修理!アンテナ修理の基本やコツを詳しく解説

アンテナ修理をしたいけれど、失敗すると困るという悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。
そのようなアンテナ修理が必要な時には、アンテナの仕組みや製品の種類に詳しいプロに依頼して直してもらうのが安心です。
業者に依頼するとアンテナの向きの調整から設置し直し、交換それに撤去なども任せられます。
アンテナ修理に対応している業者は、アンテナの専門業者や電器屋などがありますので見積もりを依頼し比較することが失敗を避けるコツです。

まずはアンテナ修理の基礎知識や注意点をおさえておこう

アンテナ修理の基礎知識と、色々なポイントがあります。
アンテナの機材の機能として、電波を受信をする機材になります。
ですからアンテナ修理というと、今までは正常に電波を受信してラジオなどの音声や衛星放送などの電波を受信してテレビを受像する事が出来ていたことになります。
注意点はアンテナを、むやみに叩いたり、向きを変える事は今までの調整を狂わすケースがあります。
修理のポイントとして、断線や配線の不具合であるか、電波の受信によって発生する不具合か、他にもアンテナより先のテレビやラジオなどの機材の不具合にて発生しているかを判断していきます。
これによって、今まで正常であった機材や部分に関しては触らない様にしましょう。
この基礎知識を守っていかないと、正常に動作していた部分に関しても壊したり狂わしてしまうケースがあります。
注意点は修理や変更などの手を付ける前に状況の確認を十分にする必要があります。
単純に電源を確認するだけでも大きなポイントになります。

どんなときにアンテナ工事やアンテナ修理を依頼すればいいの?

自宅にアンテナがあるケースは多いですが、基本的にテレビ放送を受信するときに役立つ存在です。
画面にテレビ放送が流れない場合はアンテナに何かしらの問題があったり、そもそも自宅に設置されていないようなこともあります。
アンテナが壊れたときに修理をする場合はアンテナ修理を依頼することになり、アンテナを新しく自宅に設置したいときはアンテナ工事を依頼することになる筈です。
基本的にアンテナ工事も修理も同じ業者で対応してくれると考えられますから、一度信頼できる業者を見つけることができれば長い付き合いになるかもしれません。
修理よりもアンテナ工事のほうが料金が高くなるようなケースもありますが、仮に修理をする場合でも取り替える場合は撤去する費用が発生することで逆に高くなるような可能性もあります。
基本的に最初に見積りを出してくれますから、どの程度の費用がかかるのかは事前に把握しておくことが可能です。
そのため安心してサービスを利用することができると考えられますから、テレビ番組が見られなくて困っている場合は早めに問い合わせをするのが大切になります。

アンテナ修理やアンテナ工事の費用相場はどれくらい?

アンテナ修理の費用相場は、5,000円から22,000円ほどとなっています。
この金額は向きの調整や立て直しといったアンテナ工事がメインであり、経年劣化による交換工事や電波増幅のためのブースター工事となれば価格は上昇するため注意してください。
細かい相場額としては向きの調整であれば5,000円から12,000円程度、立て直しについては1〜2万円前後となっています。
劣化が進んでいて撤去が必要な場合も同様に1〜2万円で、交換する料金は3〜6万円が目安です。
その他にブースターの追加は15,000円から3万円、分配・配線を行う際は1万円から25,000円となります。
新設のアンテナ工事に関しては、UHFアンテナの標準的なものであれば15,000〜25,000円が相場です。
BS・CSアンテナの取付けは、1〜3万円前後が目安となっています。
これらの金額はあくまで平均的な価格であり、屋根の形状やテレビの台数などでも変わってくる点を覚えておきましょう。

アンテナ取り付けやアンテナ修理にかかる時間はどれくらい?

アンテナ取り付けやアンテナ修理は、屋根などの高所作業になることから、要する時間について気になるのではないでしょうか。
設置する高さや足場、風の強さなどの作業に影響する要因にもよりますが、一般的アンテナ取り付けは2~3時間が目安となります。
取り外しを伴う交換や、建物の老朽化が見られる補強が必要な場合は更にプラスといったところです。
ブースターの取り付けや配線の行われる場合は、30分ほど長めにかかると考えるのが無難です。
修理もアンテナ取り付けと同程度ですが、修理は状態によって大きく変化するのも確かです。
というのも、決められた手順で設置するのと、アンテナを見て修理をするのでは作業内容に違いがありますし、手間も異なるので差が生じるのは当然です。
既に足場や金具が用意されていたり、準備が整っている場合は短縮もあり得ます。
見立てより実際の損傷、ダメージが軽微で簡単に直せるならもっと早く終わることもあるのではないでしょうか。

著者:関戸博三

筆者プロフィール

埼玉県川口市生まれ。
大手家電量販店に勤務。
今回は問い合わせの多いアンテナ修理について記事をまとめました。
アンテナ修理 川口市